秋らしいさわやかな気候が続いています。コロナウイルス感染は小康状態のようですが、新しい生活様式に 則っとることがまだまだ必要のようです。薄曇りの108日(日)に「何でも語ろう会」を開催しました。
出席者は
14名でした。 いつものように出席者の近況報告および情報交換を行いました。そして「何でも語ろう会」終了後、都立小宮公園でおにぎりの昼食、散策を楽しみ、14時前に解散しました。

             記

 1.開催日時   108日(日)10:1512:00

 2.会場     八王子市市民活動支援センター 

 3.参加者    14

情報交換の概要は下記のおとりです。

(1)(公財)宮川庚子記念研究財団主催 肝臓病医療講演会報告

時:令和5 827日(日) 14:00~16:15

場:日比谷図書文化館 4 階スタジオプラス(小ホール)

講演テーマ:第28回肝臓病医療講演会 「肝臓病診療の進歩と 日常生活の注意点」

師:武蔵野赤十字病院院長 並木 先生

概 要:肝硬変、ウイルス性肝炎、脂肪肝、肝がんについて講演されました。

2)小金井地区肝友会主催 学習会参加報告

    日 時:2023910日(日)

    テーマ:「電話相談からみえる肝炎患者の状況」

    講演者:東京肝臓友の会 事務局長

    概 要:①東京肝臓友の会や東京地区の肝友会の現状について

 ②電話相談会の概要について

365歳から始める和田式心の若返り

    昨年、MSさんが紹介した書籍「80歳の壁」の著者の新しい書籍「65歳から始める和田心の若返 
     り」を紹
介しました。第1章は「65歳からいちばん大切なのは『心の健康』、第2章は『65歳からの人 
     生を左右する医療とのかかわり方』、第
3章は『65歳からの人生を楽しむ生活術・思考法』など「我 
     慢しない人ほど老け込まない。病気にならない。」ためのヒントがたくさん書かれています。

4Hepatitis B Community ForumB型肝炎コミュニティフォーラム)参加報告

    日 時:2023919日 13:001430

    会 場:神戸

    概 要:このフォーラムはB型肝炎財団とICE-HVBが共催し、毎年開催されているイベントです。B型  
        肝炎についての国民の意識を高め、国際
HVB会議の出席者、研究者、公衆衛生従事者などが集
        まり、広範なコミュニティのプラットフォームを提供することを目的としています。
 今年のコ
        ミュニティフォーラムは、
HBV 研究の最新の進歩に焦点を当て、型肝炎患者の実態を理解
        する機会を提供しました。フォーラムの全体的な目標は、
HBV を迅速に治療し、偏見と差別 
        を取り除くための最良のアプローチをすることです。参加した感想としては海外の多くの国で
        は肝炎患者を巻き込んで研究開発等が行われているが、日本はその辺が遅れているのではない
        でしょうか。

5)東京都肝炎コーディネーター研修会開催

     東京都は「令和5年度東京都肝炎コーディネーター研修会」の要項を発表しました。

申し込み期限:1025日  受講形式:オンデマンド(118日~126
詳細は、「東京都肝炎コーディネーター研修会」で検索してください。

6B型肝炎対面交流会(10/14

B型肝炎患者および家族の方に参加していただきたい。

おにぎり