八王子肝友会

八王子肝友会は肝臓病・肝障害に対する正しい認識をひろげるともに療養や生活経験の交流、調査、及び学び合いを通じて、肝臓病患者とその家族の生活の向上を図ると共に、宣伝活動などを行い、八王子市から肝炎、肝がんをなくすためにさまざまな活動を行っています。

連絡・報告事項

さわやかな季節となりました。
40回定期総会および何でも語ろうを下記のように開催します。 

 皆さんと今年度の活動計画の検討や近況報告、情報交換等を行いましょう。

会場は八王子市市民活動支援センターです。
オンライン(Zoom)での参加も可能です。希望の方は事務局まで連絡ください。
  

1.日時:2024611日(日) 10:1512:00            

2.会場:八王子市市民活動支援センター 会議室

(八王子市旭町12-1ファルマ802ビル5F
  3.内容:
    ①第40回定期総会
    ②近況報告
    ③情報交換

    ④
その他 

  4.会場アクセス:(最寄り駅からの案内)

    ・JR八王子駅北口より東放射線アイロードを徒歩5

    ・京王八王子駅中央口より徒歩3
  
(マスク着用で参加願います。
        支援センター地図

4 月の「何でも語ろう会」は、14 名の出席者で開催しました。
晴天に恵まれた午後は、桜満開の片倉城跡公園でお花見会を行いました。1713776321321

1.開催日   4 月 14 日(日)10:15~11:50
2.会 場   八王子市市民活動支援センター 会議室
3.出席者     14 名
4.内容    会員の近況と情報交換

お花見会は、お天気にも恵まれ、満開の枝垂桜の下で参加者の皆さん
の笑顔が最高でした。KY さんのレジャーシートの手配、キン肉マンの
KA さんが重いペットボトルを運搬、YS さんの湯殿川の来歴話、HI さ
んの誕生日が 3 月 29 日で「カタクリの日」、MM さんが中学時代から
サッカーのキーパーだったとか、MN さんの おにぎりうんちくとか
本当に楽しいお花見会でした。おにぎりが一瞬のうちに皆さんのお腹に
吸い込まれたのは、嬉しい限りでした。食後の水車小屋へのミニ散歩も
良かったですね。アオサギについての KY さんの解説も腑に落ちまし
た。

会報(2024年5月)を発行しました。

会報(2024年3月)

寒さが増してきた1210日(日)に「何でも語ろう会」を八王子市市民活動支援センターで開催しました。

出席者はオンライン(Zoom)も含め12名でした。出席者の近況や情報交換を行いました。

1.開催日時  20231210日(日)10:1512:10

2.会  場  八王子市市民活動支援センター 会議室

3出席者     12名(オンライン含む)
 4.内 容
   (1)近況報告:出席者の治療状況、健康状態等について報告していただきました。
           出席者から帯状疱疹のワクチン接種についての報告がありました。
           会報(1月号)に八王子市の状況について紹介しました。       
           また欠席者から連絡のあった近況を簡単に報告しました。
   (2)情報交換
      ①
B型肝炎部会報告(東京肝臓友の会主催):今回は対面で行いました。
      ②日肝協代表者会議報告
        
会員の高齢化、C型肝炎の新薬普及により会員の減少が進んでおり、コロナ禍で
        ほとんどの患者会が活動
を停止、オンライン会合を実施した団体は八王子肝友会
        のみでした。
      ③
東京都に提出した「令和6年度の肝炎対策に関する要望書」に対する回答について  
      ④
「知っておきたい!糖尿病と肝臓病の関係」受講報告
      ⑤
八王子市の肝臓専門医について
      ⑥その他

2月11日(日)に「何でも語ろう会」と5年ぶりに新年会を開催します。
当日の出欠について2月4日()までに連絡をお願いします。

なお、当日はスーパーアルプス八王子夢駅伝大会が開催されるためバスの

予定時刻は下記のとおりですが、時間帯によっては一部運休になるなど

運行が不規則となりますのでご注意ください。

1.開催日時  2月11() 10:0012:00

2.会場    大横保健福祉センター 4F 第3会議室

   (八王子市大横町11-35 駐車場有り)
       【会場への地図】大横保健福祉センター
            
        









  



3
.アクセス  ① JR八王子駅北口、京王八王子駅から徒歩約20

         ② 京王八王子駅4番乗り場またはJR八王子駅北口ロータリー11番乗り場

または14番乗り場から八日町経由創価大学循環、左入経由純心女子学園行き、

みつい台行きで約10分、サイエンスドーム下車、徒歩約2分。

*時刻表           京王八王子駅  JR八王子駅北口  JR八王子駅北口

行き先     (4番乗り場) (11番乗り場)  (14番乗り場)

     八日町経由創価大学循環  915               917

     八日町経由創価大学循環  925               927

     みつい台           935      937

     八日町経由創価大学循環  945               947

     左入経由純心女子学園   955      957

 

3.内容 (1)何でも語ろう会

         ①出席者の近況報告

         ②情報交換

(2)新年会(12:1514:00

   ①会場 ファミリーレストラン ガスト 大横町店

   ②会費 500円(不足分は会で負担)

会報(2024年1月)

秋から冬へと季節の変わり目、寒さを感じるようになりました。
コロナウイルス感染症は小康状態のような感じですが、インフルエンザも流行っています。
これからもお互いに十分気をつけて過ごしたいと思います。

12月の「何でも語ろう会」を下記のように開催します。皆さんと近況報告や情報交換等を
行いましょう。なお、欠席される方はメール等で近況報告を含め連絡をお願いします。

また、Zoomによるオンライン参加を併用します。
Zoomでの参加希望の方は事務局へ連絡ください。前日までに会議参加のURLを配信します。

1.日時:20221210日(日) 10:1512:00

2.会場:八王子市市民活動支援センター 会議室   

(八王子市旭町12-1ファルマ802ビル5F
 
3.内容:

①近況報告(出席者全員)

②情報交換

 ・B型肝炎部会報告(10/14

    ・日肝協代表者会議報告11/3

・東京都への要望事項提出について

    ・肝炎対策コーディネーター研修受講報告

    ・「糖尿病と肝臓病の関係について」受講報告

    ・新年会開催について

    ・勉強会資料として希望する書籍について

    ・設立(1984)40周年記念イベントの開催について

③その他

 

会報(2023年11月)

秋らしいさわやかな気候が続いています。コロナウイルス感染は小康状態のようですが、新しい生活様式に 則っとることがまだまだ必要のようです。薄曇りの108日(日)に「何でも語ろう会」を開催しました。
出席者は
14名でした。 いつものように出席者の近況報告および情報交換を行いました。そして「何でも語ろう会」終了後、都立小宮公園でおにぎりの昼食、散策を楽しみ、14時前に解散しました。

             記

 1.開催日時   108日(日)10:1512:00

 2.会場     八王子市市民活動支援センター 

 3.参加者    14

情報交換の概要は下記のおとりです。

(1)(公財)宮川庚子記念研究財団主催 肝臓病医療講演会報告

時:令和5 827日(日) 14:00~16:15

場:日比谷図書文化館 4 階スタジオプラス(小ホール)

講演テーマ:第28回肝臓病医療講演会 「肝臓病診療の進歩と 日常生活の注意点」

師:武蔵野赤十字病院院長 並木 先生

概 要:肝硬変、ウイルス性肝炎、脂肪肝、肝がんについて講演されました。

2)小金井地区肝友会主催 学習会参加報告

    日 時:2023910日(日)

    テーマ:「電話相談からみえる肝炎患者の状況」

    講演者:東京肝臓友の会 事務局長

    概 要:①東京肝臓友の会や東京地区の肝友会の現状について

 ②電話相談会の概要について

365歳から始める和田式心の若返り

    昨年、MSさんが紹介した書籍「80歳の壁」の著者の新しい書籍「65歳から始める和田心の若返 
     り」を紹
介しました。第1章は「65歳からいちばん大切なのは『心の健康』、第2章は『65歳からの人 
     生を左右する医療とのかかわり方』、第
3章は『65歳からの人生を楽しむ生活術・思考法』など「我 
     慢しない人ほど老け込まない。病気にならない。」ためのヒントがたくさん書かれています。

4Hepatitis B Community ForumB型肝炎コミュニティフォーラム)参加報告

    日 時:2023919日 13:001430

    会 場:神戸

    概 要:このフォーラムはB型肝炎財団とICE-HVBが共催し、毎年開催されているイベントです。B型  
        肝炎についての国民の意識を高め、国際
HVB会議の出席者、研究者、公衆衛生従事者などが集
        まり、広範なコミュニティのプラットフォームを提供することを目的としています。
 今年のコ
        ミュニティフォーラムは、
HBV 研究の最新の進歩に焦点を当て、型肝炎患者の実態を理解
        する機会を提供しました。フォーラムの全体的な目標は、
HBV を迅速に治療し、偏見と差別 
        を取り除くための最良のアプローチをすることです。参加した感想としては海外の多くの国で
        は肝炎患者を巻き込んで研究開発等が行われているが、日本はその辺が遅れているのではない
        でしょうか。

5)東京都肝炎コーディネーター研修会開催

     東京都は「令和5年度東京都肝炎コーディネーター研修会」の要項を発表しました。

申し込み期限:1025日  受講形式:オンデマンド(118日~126
詳細は、「東京都肝炎コーディネーター研修会」で検索してください。

6B型肝炎対面交流会(10/14

B型肝炎患者および家族の方に参加していただきたい。

おにぎり

↑このページのトップヘ